凸凹memorandum

チョコボスタリオンについてつらつらと書いていきます。

beatmania IIDXで皆伝に合格しました。



かなーり大変でした!かけた時間で言えばA3:180出すよりかかってるっていう...
色々と上達を意識してやってた事が成果に結びついた感じで達成感がやばいですね。
楽しいゲームだった!ぱったり引退とはならないけど頻度はそこそこ落ちるんじゃないかと。


で、スタの方。

オーディン 113G ミスターチョコナッツ系
わスぎオこヅ ぁヅくヂマげ ぁきろがぞ ヅばかヅざド アばがかぐそ ヅきさぐヅ
先:83 長:140 瞬:193 持:70 底:70 自:94 加:185 HP:94 A3:153 周:右 温:暑寒 祭:14

以前のEXにも出したオーディンですが、配合用としても頑張ってくれるっしょ!
と思って先192で自150くらいの牝と組み合わせてみました。
最高値平均190、長自高めでシブいあり、先瞬ニトロありでこれは期待が高まる・・・!
が、イマイチすぎる。
若葉マークさんのとこのツールに突っ込んでみたらA3:181と180が1羽ずつ出るだけ...
なんでじゃあああああああ!(組み合わせ次第なので仕方ない)

という事で、その配合は諦めて先長自高めの牝を複数生産して同時産み分けじゃい!!
ってやろうとしたのですが、脱線した関係でシブいが入らなくなりそうなので
オーディンと先の高い牡を始祖化して、そこから牝を生産する事にしました。
で、始祖にする先の高い牡を産み分け中ですが全然出ねえ...
先193×192(ニトロあり)なのですが、親越えどころか4-3す(192)が1羽しかきてない...
というわけで今はこの羽の産み分け中です。

A3更新狙いはもうちょっと先になりそうだけど、
ちょっとずつ産み分けの時間増えてきたから今年中にはなんとか...
るりあさんという方がA3:185の羽を生産されたみたいですし、
春野さんや若葉マークさんも爆発しそうな感じで生産されてるので、僕も波に乗りたいなぁ。

というわけで久しぶりの今日の羽。

スピカ 121G サウザンアイランド系
バボスヅこヅ ふヅエヂボれ すきるヅぞ ヅほこヅづヒ ぃきムせゆき ヅきくイヅ
先:147 長:110 瞬:176 持:64 底:85 自:165 加:153 HP:108 A3:158 周:左 温:暑 祭:15

強化シャヴィルスみたいな感じです。
長自もあって結構好みの能力配分!
なのですが、この型は大崩れしないもののあんまり勝ちきれない印象。
機会があれば使ってあげたいな〜

前回の更新から2ヶ月弱...やばい!
ということで今日はブログを更新します。

タイトルにもある通り、ぴくたさん主催の第3回ChocoboMeetingの全レースが終了しました!
早速振り返ってみます。

まずは出走羽一覧。(ぴくたさんのブログです)
二十四使杯で気になったのは、若葉マークさんのハクマイとあおのこのこさんのシャイニィヴェーヘですね。
ハクマイはうちのカラドボルグの上位互換のような瞬加型、
シャイニィヴェーヘはオールラウンダーな金羽という事で。
金羽限定戦ではないレースに、いい勝負が出来そうな金羽を出すのってカッコいいなーと思います。
昔はシャルさんがやってましたが、今ではあおのこのこさんとからかささんがちょいちょいやってますね。

水神杯はあおのこのこさんのアイスロークとスターさんのテスタメントプレッソ。
2羽とも似たような性能ですがこのA3帯の先行型では個人的に理想的な能力配分。
そして長自があるのが良いですね。大崩れはあまりしなさそうなタイプ。

剣神杯はスターさんのロードスターと若葉マークさんのワギュウですね。
ロードスターはかなり理想的な先型。気性難だけが気になるところですね。
ワギュウは価格の暴力とでも言いますか、自がかなり高めの先加型で長持底も高めなのでそれがどれくらい影響するかが個人的に気になってました。

って3人の羽しかおらんやんけ!って思いましたが全部書いてると寝れなくなるので出走羽に関してはこんなもんで、
あとはレースの流れで気になったところを書いておくと、

二十四使杯は4Rと5Rのハクマイ連続勝利(+5Rの大暴走)、6Rのソラシドーレの暴走。
水神杯は1Rのオーディン外スパ勝利、金羽キングシーサーの3度の入賞。
剣神杯は3Rのケイトレディオバーストの激しい叩き合い、5Rの神殿特有の弾かれ祭り

辺りでしょうか。あとは割と順当に、良い位置取りをした羽が強かった、そんな印象です。

今回のEXは3つの部門に分かれておりそれぞれ6Rと
とってもボリューミーで見どころが多く、満足度の高いEXだったと思います!
自の高さとかもそうですが、年々羽のレベルが上がってきてるし
ピヨヤマさんや若葉マークさんのように新規勢(?)もポツポツいて
今後まだまだ盛り上がるんじゃないかと、そう思える大会でした。
開催して下さったぴくたさん、本当にありがとうございました!
そして各部門で優勝、入賞された方々おめでとうございます!

自羽についても書こうと思いましたが量が増えそうなので簡単に書くと、
ツイッターにも書いた通りインパクトのある羽を出したいという事でオーディンを登録。
狙い通り?能力と走りで衝撃を与えられたのではないかと。
後半は失速しましたが...笑
他の2羽はどんな走りをするのか見てみたかったというのと、勝ちも狙えそうかなと思っての登録でした。
しかし思ったような結果は出ず。周りの羽が強かったですね。

というわけで以上です。
とりあえず皆伝を取ってスタの時間を増やしたいですね(最近はロマサガにも時間を取られてる...)。

お久しぶりの更新です。
beatmaniaの方がいよいよ皆伝(最高段位)が近づいて来たので、
中々スタの方の時間が取れない日々を送ってました。
と言ってもまだ皆伝は取れてない(早くてあと1ヶ月、遅いと1年くらい?)ので、
スタの頻度が上がるのはもうちょい先になりそうです。


そんなこんなしてるうちに、ガミネさん主催のジンジャーカップと土生姜ステークスが
全レース終了してました!
ちょいちょい掻い摘んで振り返ってみます(とりあえず今回はジンジャーカップのみ)。

まず僕の考えとしては、今回のEXは
・各レースは最大8羽とそんなに多くない
・枠差を稼げる羽が有利
なので瞬加型にしようかなと。
良い順位を取ったら次のレースは外寄りの枠になるので、
先行タイプの羽はちょっとしんどいかなという考えがありました。
逆に瞬加型は内に入っても勝率が上がるわけでもなく負けるとちょっと痛いのが何ともですが...
使いたい新羽に瞬加が2羽居たというのもありますが笑
というわけで選んだのが以下の3羽。

ゲイボルグ 120G ミスターチョコナッツ系
ルドぃれこヅ ユヅかヂよげ ぁきさごぞ ヅほかヅルヲ ケブろざテそ ヅきころヅ
先:93 長:91 瞬:185 持:78 底:86 自:128 加:171 HP:114 A3:149 周:右 温:暑 祭:14

ルーン 123G ミスターチョコナッツ系
をスコヅエヅ もヅせヂかシ ぁきすヅぞ ヅばくヅルジ ぃがバれテそ ヅきこボヅ
先:116 長:91 瞬:190 持:64 底:90 自:158 加:181 HP:96 A3:162 周:右左 温:暑 祭:14

アストライオス 135G ミスターチョコナッツ系
そせサりこか ビヅケヂボワ キきせドぞ ヅばさせアヴ ヤなるデビら ヅきさみヅ
先:168 長:81 瞬:186 持:105 底:94 自:160 加:160 HP:116 A3:171 周:右左 温:寒 祭:15

全て新羽、ピンクです。そしてレースの方ですが、

1Rはマフィンが良さそうな印象で、
その印象通りマフィンが1着。
うちのルーンは外に流れてちょい外よりからのスパートでキツイか?と思ってたんですが、
思いの外頑張ってくれたみたいで2着に滑り込み。

2Rは先頭争いが若干読めず、アーヴェントかドランデューオが微妙に有利で、後はスパート次第かな?と読んでましたが、アナスタシアの粘り勝ち。
プロテスバスターはスパートで若干外に膨らんでしまいましたが瞬の高さで何とか2着を死守。
外の高瞬加3羽は良いタイミングでスパートできれば...という感じでしたが撃沈。

3Rは「あれ〜アストライオスこれ前取れないじゃんヤバイかも...」ってなりましたが、
他の羽をよく見たらA3低めの羽だらけだったのが何とかなるか...という感じでした。
しかし割と危なめの勝利。
2着には先頭を取ったリバーサイダー、3,4着には外枠のグラビデフィールドとバニッシュヴォルトがそれぞれ入り、長を含めた先行能力の高い羽が上位に食い込む形になりました。

4Rはちょっと羽選択ミスったなという感じでした。
マフィンかモータルファイアが前取って上位に来そうかな、くらいの感覚でした。
あとはスパート次第、というところでアルヴィが早めのスパートで割とキツそうな感じに。
一方でクールフュンフは空いたスペースに入りつつ良いタイミングでスパート。
良い脚を見せつけてアルヴィを交わし、その後も粘って勝利。
うちの羽(アストライオス)は大外700m辺りからスパートして、逝った〜〜〜wwって感じでした笑

5Rはペラノシェーカが先頭を取るだろうし上位入賞は堅そうという事前予想。
神殿3200mという事で、1600m付近で先頭の後ろ辺りの羽が蹴られるやろな〜
って思ってたんですが見事ルーンが蹴られました。とは言え仕方のない事なので、
スパートで爆死しない事を祈ってたら700m辺り、ちょい外よりからのスパート。
うーんキツイなwと思ってたんですがその状態でもぐいぐい伸びていってそのまま勝利。
若干びっくりしましたが、高瞬加の力を見せてくれたという感じですね。
2着には事前予想通りペラノシェーカが滑り込み。

6Rは最終レースという事もあって高A3、特に瞬の高い羽が多め。
ドランデューオは先頭取れそうだけど、2〜4枠の高瞬勢に比べて若干末脚に
不安が残るのでどうなるか、という印象でした。
結果としては早めにスパートしたパンナコッタが粘り勝ち。
ベルエポックとプロテスバスターがものすごい脚で詰めてきましたがあと一歩届かず。
うちのゲイボルグは内に入れば...という感じでしたが割と前についていっちゃって
外に流れてそのままスパートで完全に沈みました。南無。

そんなこんなで全レースが終了し、合計ポイントで何とか1位となり、優勝する事ができました。
とは言え平均着順では春野さんに負けてるし、強かったな〜...という印象。
最終レースでは、優勝争いをしてた僕と春野さんが揃って最下位とブービーという
何とも締まらない感じになりましたが笑、枠差を考慮したEXという事で、
今までと違う見方、戦略が生まれてとても楽しかったです!
開催して下さったガミネさん、本当にありがとうございました!

そして次はスターさんのEXと、ぴくたさんのEXがありますので(スターさんの方は締め切ってますが)
そちらも楽しみです。
また余裕が出来たらおまけEXの方も記事を書きたいと思ってます。
それでは〜

このページのトップヘ